再会とお別れ

ボチボチと、引越しのため

挨拶回りが始まりました。

今日は、とは言っても

ほぼほぼ旦那経由で繋がった方々ばかり。

 

今日お会いした方は

減薬真っ只中の時にお会いした方。

とりあえず、元気な姿見せることができて良かったです。

 

春日部にて

離脱症状の人や、心身が疲れきってる方へのリラクゼーションサロンをすると言ったらとても興味を持って頂けました。というか、引越しまでそんなに日にちもないけど、その間にお願いしようかしら?と。

 

その方は、心が病んでしまった方や引きこもりがちになってしまった方の親族を通して預かってくれないかと頼まれることがあるそうで、家で預かり、寝泊まりして生活する人もいるそうです。

 

現在、預かってる子がいるということで

その子も人間関係とかに悩み、うつ病になり、薬を飲んでたけど、薬は止めたもののまだ不安定ということでした。

 

私もそうなんですが、

何かしらトラウマがあったりして

生き難いと思ってる人たちにとっては

薬を止めてからが勝負なんですよね。

今までは何かあっても薬に逃げれば

何とか殻に引きこもれていたけれど

そうゆうわけには行かなくなる。

薬止めたから『はい、もう大丈夫』

とはならないんですよね。

 

上記の子のように

リラクゼーションではなく

カウンセリングの方が必要なのでは?

と思えるような方であっても

何かその方の心を軽く出来ることがあれば

その方の心に寄り添えることができたら

と思います。

 

意外とと言ったら失礼ですが身近にも

悩んでる人っているんだなぁと思いました。

そして、そうゆう方たちに

私のサロンを見つけてもらうには

どうしたらいいのかがこれからの課題でもあります。

こうゆう横の繋がりから

紹介されるようなこともあるため

横の繋がりって大事だなと思ったし

新天地にて

その横の繋がりは作れるのかな?

という不安もあったりします。

 

でもそこは、人当たりの良い旦那に頑張って貰いたい。

 

つい最近まで働いてたとこでも

ブログを通じて、共感して頂けた方もいましたし、こうやって発信することはとても怖いことではありますが

いつか、どこかのあなたに届くと信じて発信を続けます。

 

人との繋がりを作ってきた夫を改めて尊敬しました。

 

Salon de Lapin